銅象嵌の看板、ついに取り付けも完了しました。
今回は御縁もあり、良い欅の板に出会えたこともあり
当初の仕上がりイメージを超えました。なかなか良いできです。

銅象嵌とは、木に文字彫り、その凹み部分に銅を打ち込む技法です。
今回、良い仕上りにできました。


夜はこのような雰囲気です。

銅象嵌の看板のご要望がございましたら、お問合せください。

 

大越工芸品製造株式会社

前回に続き、銅象嵌の看板製作中

前回まで

①銅を切り ②マットな感じになるように銅表面にタタキ模様を打つ

今回

③せっかくの銅の味わいなんですけども、錫メッキを行い“銀”色に仕上げました。

銀メッキは色の変化がしやすいので、わりと変化が遅い“錫”でメッキ。

仕上りはこのような風合↓

これから、木を彫り、その凹みに上の部品を嵌め込みます。

仕上りは次回です。

 

新たな試作をしております。写真は真鍮です。

真鍮は主に銅と亜鉛の合金で、銅よりも硬いのです。

今回は文具を製作。デザインを先ほど決めましたので近日加工に入ります。

銅を切り、表面を荒らしました。

これからメッキ加工をして欅の板に嵌めこみます。

木に銅を入れ込む象嵌加工です。

このような加工もできまよ。

仕上りは後日掲載します。

銅板を加工し、これから茶道具を製作します。

生地屋さんに行って、銅の生地を分けてもらってきました。

 

写真は茶道具6個分の銅生地。

お客様からの特注品です。

何を作るかは後日掲載します。

天気が良かったので、銘木屋さんにも寄って情報交換をしてきました。

久しぶりに良い天気なので、木地も天日干しするようです。

高岡の雑記でした。