五頭馬鉄瓶、製作中です。

写真は、お歯黒を焼き付けている様子です。

お歯黒を焼き付けることで、鉄の錆止め効果と

鉄瓶に時代感を出すことができます。

まもなく、仕上ります。

今朝の高岡金屋町。

夏真っ盛りですね。良い青空です。

今日は気温35度まであがるそうです。

五頭馬鉄瓶とねじり七宝八角鉄瓶の生地ができましたので

漆を使い、色仕上げ。

こちらが漆を着けた様子の写真

漆を着けたあと、120度ほどで焼きます。

乾燥後、今度は鉄漿(おはぐろ)を着けます。


銀瓶ひしぎ5寸と 湯呑、湯冷し、急須を並べてみました。

今回の組合せ、どうでしょう??

銀祥堂
日本国富山県高岡市
www.ginshodo.jp

当社のある高岡市のお隣小矢部市に“倶利伽羅源の郷埴生口”という博物館があります。

先日、行ってきました。

確か数年まえの新聞に、“小判が出てきた!”という記事があったような。

それを思い出し、、実際に入ってみると。

ありました。小判

ほんとに出てきたんですね。

当時の時価で3000万円ほどです。

昨今の金の高騰もありますので

今の時価だと6000万円は越えているのでは??