砂鉄鉄瓶の修理をしました。

空焚きによって、漆が焦げたようです。
修理方法として、中の漆の塗り直しを致しました。

良い仕上りになりました。
また永く使って頂けると思います。

鉄瓶の修理、銀瓶の修理もお問合せください。

銀祥堂
日本国富山県高岡市東上関434番1号
www.ginshodo.jp

お客様のご要望の牡丹茶則、仕上りました。

良い仕上りにできました。

牡丹茶則ご要望の際はお問合せください。

彫金する柄は【牡丹】です。
参考になる牡丹のイメージを下書きします。

牡丹柄を直接下書きした様子。

銅板を切り、鎚目をつけ、鍍金をする前に
銅の肌目を整えてました。

手で磨いて、鍍金前の準備完了。

中国茶で使う、鉄瓶・銀瓶の蓋取りを作っています。
お湯を沸かすと鉄瓶・銀瓶の蓋も熱くなりますので
その蓋を持ち上げる時に使う“蓋取り”です。

当社がデザインをし、製作してる蓋取りは“梅の枝”の形です。
(意匠登録済み)

写真は、蝋型を使い真鍮を鋳造したあとの段階。

Yの字部分で蓋の摘みを掬い上げるように使います。


これから色付け屋さんのところで色付けです。

伝統技法を使った漆の焼き付け技法による色付けです。

そのあとは、当社で金箔加工を行います。

また、順次製作風景をご紹介します。